歴史が示す密告社会の恐怖 柳田邦夫

毎日新聞柳田邦夫の深呼吸」に次のような文章があった。その通りである。長いけれど引用しておく。

国会で自民党など与党が強行成立させた「共謀罪」法で私が危惧するのは、この法律には、この国を「密告社会」に変質させる危険な要素がある、という点だ。安倍晋三首相は国会で「一般市民が捜査の対象になることはない」と述べたが、捜査の実際を知る人なら、誰もそんなことばは信じないだろう。潜行捜査の段階では、捜査対象を一般市民かどうかを選別して取り組むなどということはあり得ないからだ。